有料老人ホームには3つの種類があります

有料老人ホームには3つの種類があります。


入居にあたっての条件やサービスが異なりますので、内容をきちんと把握して選択することが大切です。


まず「介護付き有料老人ホーム」という施設ですが、こちらは介護が必要な方の老人ホームです。


食事を始めとした健康管理や掃除・洗濯・入浴や排泄のお世話など日常生活におけるサービスが提供される施設です。
原則として65歳以上の高齢者向けです、施設によっては認知症や胃ろうや気管切開と言った医療ケアが必要な人でも入居できるところもあります。



基本的には介護が必要な方の施設ですが、健康な方が入れる「混合型」と呼ばれる施設もあります。
次に「住宅型有料老人ホーム」という施設です。



こちらは民間経営の老人ホームです。

まだ介護が必要でない元気な人が入居できる施設です。


しかし、入居後に介護サービスが必要になった場合、軽度であれば通所介護や訪問介護などの外部の介護事業者による介護保険サービスを利用すれば、要介護度認定を受けた場合でも、そのまま入居し続けられますので安心です。
この施設では、自立度が高い方が多く入所している為、介護予防や日常生活の充実のために、レクリエーションやイベントを多く実施しています。


最後に「健康型有料老人ホーム」ですが、介護の必要がなく、生活の自立ができる高齢者のための施設です。


食事などのサービスは提供されますが、介護が必要になった場合、退去しなければいけません。



つまり、介護施設としての建物ではなく、あくまで健康な人のための住まいということです。


知りたい情報

有料老人ホームと一口にいっても、種類があるということはご存知ではない方もいらっしゃるかと思います。有料老人ホームには大きく2つに分かれます。...

more

医療の実態

有料老人ホームへの入所を考えた時に、情報不足が問題になります。見学に行ったり、資料請求するために、有料老人ホームの情報を入手したいとき、どうすればよいのでしょうか。...

more

知識を増やす

有料老人ホームには主に3種類ありますが、その最大の違いは介護は必要な状態かどうかです。要介護の高齢者向けの施設は介護付き有料老人ホームと呼ばれ、元気な高齢者向けに健康型や外部の介護はサービスを受けることが出来る住宅型有料老人ホームがあります。...

more

知りたい医療事情

ご家族の介護や自分の老後を考えた時に、安心できる場所として有料老人ホームを選択する方が増えています。以前は、高級でなかなか入所で機内というイメージだった有料老人ホームですが、最近は様々なタイプがあり、入所費用の設定や、入所してから受けられるサービスも多岐に渡っています。...

more